新会社法で中小企業はこう変わる!

 去る11月11日(金)に商売はんじょう委員会主管により、講演会を開催いたしました。
 講師に商売はんじょう委員長の北原実氏(北原社会保険労務士事務所所長)を迎え、「新会社法で中小企業はこう変わる」と題して行なわれました。
 講演は、北原実氏のプロフィール紹介から始まり、数ある改正点から特に中小企業経営に影響が大きいものを対象にお話を頂きました。
 新会社法は、平成17年6月29日の第162回国会で成立しました。
 これまで会社に関する規定は商法第二編、有限会社法、商法特例法など様々な法律に分散しており、一つの法律にまとまっていませんでしたが、新会社法では会社に関する法律を一本にまとめて条文を再構築するとともに、平仮名口語体表記となり、体系的で分かりやすい法律になります。
 また、現代語化と併せて、実質的な改正も大幅に行われます。特に、株式会社制度と有限会社制度の統合、機関設定の柔軟化、事業継承に活用できる株式制度の拡充、会計参与制度の導入、最低資本金の撤廃など非常に多岐にわたっており、それによって得られるメリットも様々なようです。メリットの大きいと考えられるものについては、さらに深く学ぶことも大切だと思いました。
 質疑応答も私達の身近で、関心の高い改正だけに大変熱のこもったものとなり予定時間では足りないほどでした。
 講演会終了後には、場所を移して懇談会を開催し、大成功の内に終了することができました。
 私達商売はんじょう委員会では、年度ごとに特色ある取り組みをしておりますが、今後も委員会名である商売繁盛という広く重い命題のもと、講演会等で情報・知識を積極的に学び活かしていきたいと考えています。
 最後になりましたが、お忙しい中、講師を引き受けて下さいました北原委員長に心から感謝申し上げます。また参加して頂きました会員の皆様、ご協力頂きました皆様、ありがとうございました。

講師の北原実氏
    日時
    平成17年11月11日
    会場
    水戸商工会議所 第一会議室
    報告者
    二平 慎一 
    委員会
    商売はんじょう委員会