破常識つちうらに感動!

去る10月27(木)・28日(金)に「関東ブロック大会」が開催されました。
 今年は我が茨城県の“土浦”という事もあり水戸YEGメンバーも協力体制を整え当日に望みました。
 私は、「関ブロ参加」は初めてで、正直、開催規模などイメージが湧きませんでした。しかし会場入りと同じにその不安は打ち破られました。会場には溢れんばかりの人と熱気が伝わり、「寒イボ」が全身に発生したのを自分で確認できた程です。続いて「記念式典」への参加・「記念講演」で講師の話を聴き、自分の中で「感動」と同時に二回目の「寒イボ」発生を確認しました。
 夕方の「分科会」では我が「水戸YEGメンバーの加倉井佐世里氏」が第三分科会にパネリストとして参加しました。「生き方・男にとっての粋とは?」をテーマに水商売のプロの方々に話をお伺いし、今後の僕の男としての考え方・生き方を左右する程の「粋」に関する内容であり、一言一句洩らさぬよう、私の“人生のネタ張”に書き加えました。
ここで衝撃・感動を受け、三回目の「寒イボ発生」と同時にメンバーの粋な姿を目に焼き付けました。加倉井さん、お疲れ様でした。
 大懇親会では、千人を超える参加者と触れ合い、各YEGメンバーと積極的に名刺交換と懇親を深め、又イベントも豊富にあり仲間と楽しみました。
あの雰囲気は参加した者でなければ感じ取れないものがありました。勿論「寒イボ」は懇親会開催中、発生しっぱなしで少し皮膚が痒くなった程でした。その後も「水とお水の都」土浦にて大会スローガンである“破(ひ)常識つちうら”を満喫し、「寒イボ」についても、真剣に議論してきました。
 今大会に参加して感じたことは、土浦だけでなく、水戸でも何か大きな大会を開催したいということです。その為には、水戸YEGの会長になる必要があると思いますので、まず自己研鑽を重ねて会長になれるよう頑張っていきたいと思います。
 今回の関東ブロック大会土浦大会に参加された皆様大変お疲れ様でした。

第3分科会の様子
会場前での記念撮影
    日時
    平成17年10月27日・28日
    会場
    土浦市民会館
    報告者
    高田 孝一
    委員会
    いいもの交流委員会