水戸YEGの紹介

平成29年度所信 会長 細田 眞幸

平成29年度所信

会長 細田 眞幸

 この度は平成29年度水戸商工会議所青年部第30代会長を仰せつかりまして、大変身の引き締まる思いです。昨年度青年部は創立40周年という区切りの年を迎え、その思いや築きを共有する事が出来たと思います。そして今年度青年部は、諸先輩の方々が築き上げてきた事業や想いを受け継ぎ、時代に沿う形でさらに発展させ、愛する地域や未来の経済社会の一翼を担う子ども達へと引き継ぐ新しい一年をスタートする事となりました。私たちは、青年部での活動を通じて、同じ想いを持つ仲間達と汗を流し、悩み苦しみ、助け合いながら地域経済発展を目的として活動をし、商売を学び、相互に研鑽をし、目標に向かって突き進む力を養う事で地域経済を担う若手経営者としての資質向上が図られると信じております。
 愛する地域の為に私たちは何をするべきか。明るい未来の為に今何を行動するべきか。自企業や守るべき家族の為に何をしてあげられるのだろうか等、これからも色々な壁にぶち当たることが多いと思います。しかし、本来乗り越えられない壁などは無く、乗り越える為に青年部で培った経験や築き上げてきた仲間との絆が活かされれば水戸商工会議所青年部の会員である誇りや喜びが生まれてくる事と思います。今年度、水戸商工会議所青年部は輝かしい歴史で作られたバトンを希望溢れる未来へと繋げていくのです。
 その為に私自身も微力ながら会長職を全うする所存で御座います。 どうか皆様の温かいご指導ご協力を賜りますよう1年間よろしくお願い致します。

副会長 野口 順市

 40周年を節目に新たな一歩であります、細田年度に2年連続副会長という大役を仰せつかり、改めて喜びと、執行部としての責任の重さを感じております。執行部としての自分の役割を自覚し、青年部メンバーとの懸け橋となるよう努めてまいります。次の周年に向けて素晴らしい一歩になるように、細田会長をしっかりと支え一生懸命努力して参りますので、1年間宜しくお願い致します。

副会長 川嶋 崇史

 今年度、副会長という大役を仰せつかり大変身の引き締まる思いです。執行部として青年部全メンバーとの架け橋となり、1年間全力で細田会長を支えて行きたいと思います。至らない点もあるかと思いますが、1年間一生懸命頑張る所存です。どうぞよろしくお願い致します。

副会長 山田 真一

 平成29年細田年度、伝統ある水戸商工会議所青年部の副会長の大役を仰せつかり身に余る思いです。入会して様々な例会、事業そして他単会との交流を通じ、先輩方が創り上げた水戸商工会議所青年部の偉大さを学びました。今年度も様々な行事がございます。楽しみながらなかまをつくり、水戸商工会議所青年部の発展と自社の発展に寄与したいと思います。
 細田会長の下、継往開来の精神に従い、青年部の運営にお役に立つよう努めてまいります。 初の執行部でございますが1年間よろしくお願いいたします。

副会長 宮野 和幸

 本年度、細田会長のもと、初めて副会長という大役を仰せつかり改めて責任を感じております。
 細田会長を支える事は勿論の事、細田会長の思いが委員長をはじめとする青年部メンバーにしっかりと伝わり、また青年部メンバーの熱い思いを共有し、会長にしっかりと伝え、円滑にそして素晴らしい青年部活動になるよう一生懸命努力してまいりますので、一年間どうぞ宜しくお願い致します。

専務理事 岡野 裕行

 この度は、細田会長より専務理事という大役を仰せつかり大変身の引き締まる思いでおります。至らない点も多々あるかとは存じますが、細田会長を支えながら今年度が円滑に進んでいけるよう、組織の潤滑油としての役割を果たすべく精一杯努力して参る所存であります。
 今年度が継往開来のスローガンのもと、次代へと繋がっていく素晴らしい1年となりますよう、皆様ご協力の程どうぞよろしくお願い致します。

基本理念

水戸商工会議所青年部は、会員相互の交流を通じ自らの資質向上を図り、地域の発展に貢献する。

スローガン

継往開来 ~輝かしい歴史を希望溢れる未来へと~

基本方針

 私たち水戸商工会議所青年部は、昭和51年の創立以来、愛する地域を盛り上げる為、一同総力をあげて活動してまいりました。前年度に行なわれた創立40周年記念式典では、これまでの活動の中で生まれ、積み上げられてきた様々な事業を振り返る事ができ、改めて青年部が地域社会の活性化に寄与してきたことを実感しました。
 このように様々な事業を青年部として手がけてこられたのも諸先輩方の活躍があったからこそだと思います。私たちはその想いや功績を受け継ぎ、発展させながら青年部活動に邁進していくべきと考えます。
 そのような中で、本年度は創立40周年を区切りに、新たなスタートの年となります。私たちは本年度を「次世代への礎」となる年度と考え、未来へと繋がっていく活動を積極的に行なってまいります。
そのために、青年部会員一人ひとりが、事業に積極的に参加し、学び、交流を深めるとともに、愛する地域での商売のあり方を地域と共に考え、より良いまちづくり活動を行なうことで、自社の発展へと繋げ、ひいては地域社会の発展に寄与していくことを目指します。
 そこで、今年度は『継往開来』をスローガンに掲げ、青年部が今まで積み上げてきた歴史を受け継ぎ、さらに発展させながら未来を切り開くべく、全ての活動に邁進して参ります。

以上の観点から平成29年度水戸商工会議所青年部の運営方針として下記6点を挙げます。

(1) 地域経済の発展のため、次代へと繋がる事業を行なう。
(2) 商工会議所及び関係諸団体との地域事業活動に積極的に参加する。
(3) 他団体との交流を深め、地域創りに貢献する。
(4) 会員相互の情報・意見交換・意思疎通を積極的に行い、青年部活動に反映する。
(5) 県青連及び県内外YEG並びに商工会議所・OB・女性会との交流、連携を深める。
(6) 会員拡充を積極的に行う。

事業計画の細目

1.諸会議の開催
(1)会員総会及び臨時会員総会の開催
(2)役員会の開催
(3)各委員会の開催
(4)その他諸会議の開催
2.研修に関する事項
(1)例会への積極的な参加
(2)経営全般に関する研修
(3)街づくり・地域貢献活動の調査研究
(4)商工会議所活動への積極的な参加
(5)地域ブランドの企画開発
3.交流に関する事項
(1)会員間の積極的交流
(2)他団体との交流
(3)各地商工会議所青年部との交流
(4)水戸商工会議所及び関係諸団体との交流
(5)茨城県商工会議所青年部連合会への参加
(6)姉妹YEG・友好YEGとの交流
4.広報・組織拡充に関する事項
(1)地域ブランドの発信
(2)新入会員の増強及び研修の強化
(3)青年部ホームページの管理・活用
(4)青年部内 情報瓦版の発行
(5)エンジェルタッチの管理・活用
(6)商工会議所会報「ひろば青年部」の活用
5.商工会議所及び水戸市事業への協力
(1)水戸市産業祭「商工祭」への協力
(2)水戸黄門まつりへの協力
(3)その他諸事業への協力